パラメディカルピグメンテーション(医療補助)とは・・・

パラメディカルピグメンテーションとは、美容を目的とするアートメイクとは異なり

本来あるべき色素の欠落部位へ色素を沈着させ本来の姿に近づけるための医療補助を目的とする技術です。

現在の進歩した再建外科で乳房など形を取り戻した後、『色』のカモフラージュは不可欠です。

侵襲が少なく、日帰り施術で行える【パラメディカルピグメンテーション】は代替え医療として注目を集めております。

パラメディカルピグメンテーションは、高度な技術で乳輪乳頭を微妙なグラデーションでぼかし、本来の姿のようにカモフラージュすることが可能です。

日本国内ではパラメディカルピグメンテーションを行うことは医療行為として定められています。
医療機関内で、医師または医師の管理の下において看護師・准看護師のみが行うことの出来る施術です。

オススメ医療機関