パラメディカルピグメンテーション(医療補助)

パラメディカルピグメンテーションとは、美容を目的とするアートメイクとは異なり
本来あるべき色素の欠落部位へ色素を沈着させ本来の姿に近づけるための医療補助を目的とする技術です。

現在の進歩した再建外科で乳房など形を取り戻した後、
『色』のカモフラージュは不可欠です。侵襲が少なく、
日帰り施術で行える【パラメディカルピグメンテーション】
は代替え医療として注目を集めております。
パラメディカルピグメンテーションは、高度な技術で
乳輪乳頭を微妙なグラデーションでぼかし、
本来の姿のようにカモフラージュすることが可能です。

日本国内ではパラメディカルピグメンテーションを行うことは医療行為として定められています。
医療機関内で、医師または医師の管理の下において看護師・准看護師のみが行うことの出来る施術です。

パラメディカルであなたの悩みを解決!

    • 乳房切除、乳房再建後の乳輪、乳頭のカラーカモフラージュ
    • 白斑症による患部へのカモフラージュ
    • 事故等による傷痕のカモフラージュ
    • スカルプスキンニードル:無毛症患者さまの育毛治療中の頭髪カモフラージュ
    • 薬物治療による脱毛のための3D 眉毛・アイライン
    • 火傷による肌の引きつりやニキビ跡の肌質改善(ダーマリビジョン)
    • 使用している針や色素の安全性が気になる方
      (当サイト上に使用されているメーカーが記載されています)
    • 針を使用した施術のため痛みや腫れが気になる方
      (医療機関ですので麻酔を行っての施術が可能です)

パラメディカルピグメンテーションの基本的な施術の流れ

★Step1~Step6 は基本的な流れとなりますので各医療機関により異なる場合もございます。

Step1 カウンセリング

体調や既住症など健康状態を把握するために、カウンセリングシートに必要事項を 記入して頂きます。
また、様々な疑問や不安を取り除くために、十分なカウンセリングを行います。

Step2 デザイン&デッサン

気になっている患部についての皮膚の再生状況やスキントーンを確認し、
できる限り自然に仕上がるカラーをご提案させて頂きます。

Step3 皮膚麻酔

施術部位は、皮膚麻酔を行ってから施術を行います。
各医療機関により対応可能な麻酔は異なりますので直接ご確認下さい。

Step4 施術

緊張される方もいらっしゃいますので、少しずつ様子を見ながら行っていきます。
痛みは個人差がございますので痛みを緩和しながら施術を行います。
使用する器具や色素の安全性については、医療機関情報に記載されておりますのでご確認下さい。
確認事項:(器具=装着する針・パーツは全て使い捨てかどうか)
(色素=認証機関の安全データを取得した身体に害のない成分を使用しているかどうか)

Step5 クールダウン

施術部位がほてった感じになるため、冷やして鎮静させます。

Step6 アフターカウンセリング

 
ご帰宅されてからの注意事項を説明致します。
アフターケアは非常に重要な部分となりますので十分に説明を受けご帰宅後のケアを行なって下さい。